部屋を広く見せるためのソファーの選び方とは!?

ソファーの置き場所にポイントがある

視界を遮るものがあると、どうしても部屋は狭く見えてしまいます。家具やソファーを置きたいと思ったら、必要最低限のものを選ぶようにしましょう。

ドアを開けるとすぐにソファーが置いてあると、一番最初に目につくのがソファーになってしまうため、視界が遮られます。ソファーは部屋の奥に置くと、部屋全体を見渡せるので広く感じます。

ソファーの下にラグなどを敷くと、床の面積がなくなり狭く見える原因になります。床が適度に見える大きさのラグを選びましょう。

低い家具で統一してみる

背が高い家具を置くと、天井が低く感じられます。そのため、圧迫感や部屋の狭さを強調してしまいます。ソファーもローソファーを選ぶと、部屋を広く見せる事ができます。ソファーを置きたいけれど、狭いからと諦めている方がいれば、一度ローソファーを検討してみて下さい。ソファーが低いと、自然とそれに合わせてテーブルやテレビ台も低いものを選ぶことになります。高さを統一することで、生活がしやすくなるだけでなく、部屋全体が広く見えます。

部屋を広くみせるソファーの色

ソファーを選ぶにあたり、大事になるのが色味です。暗い色のソファーは、部屋が広ければ空間にメリハリを与え締まった印象になりますが、狭い部屋ではソファーが強調され過ぎて圧迫感を与えます。部屋を広く見せるソファーの色は、ホワイトやベージュがお勧めです。どんなインテリアにも馴染みますし、どんなクッションカバーの色にも合うので、インテリアコーディネートが楽しくなります。

ソファ ダイニング用品は見栄えの良さと実用性が両立していることが重要な選択肢になります。特に住宅での使用については扱いが容易なのも大切な点なので、座り心地や運搬のしやすさなどを確認することを心がけます。