結婚指輪ってどんな基準で選ぶべきなの?相場はどれくらい?

妥当な値段が知りたい!

二人分用意する必要があることと、日常的に使うものであることから、現実的な価格帯のものが選ばれやすいと言われている結婚指輪。実際の相場は大体10万から20万円となっています。特定の地域によっては今でも独自の結婚文化が色濃く残っているので、それを踏まえて様々な準備をしなくてはいけないですよね。でも、この数字は全国的な傾向なので、地方に住んでいるカップルも、この価格帯から指輪を選んでも問題ありません。お店で販売されている結婚指輪の価格も10万円台が中心になっています。20万円以上もする、非常に高価な結婚指輪を選択するカップルもいますが、全体的に見ると少数派です。

デザインや素材…、どんな基準で探せばいいの?

大粒のダイヤが目立つ婚約指輪と比べると、結婚指輪はシンプルなのでデザインのパターンが少ないように見えます。しかし、その種類はかなり豊富なんですよ。お店で見学してみると、控えめでありながらも上品なデザインの指輪がたくさん売られています。ずっと夫婦で使い続けるものなので、年齢や流行に左右されない見た目のものが多いですよね。ブライダル系のアンケート調査でも、約9割のカップルがデザインを基準に選んでいると回答しています。他に重視されているのは、指輪の素材や品質などです。これらの要素と、価格のバランスが取れているものが選ばれています。毎日指にはめたいものだからこそ、実用性を意識して選ぶカップルが多くいるのも特徴です。はめづらい感じがなくて着け心地がいいか、家事や仕事をする時に傷が付きにくいように設計されているかなども確認しておくといいでしょう。

結婚指輪は、結婚した2人が左手の薬指につける指輪です。男女ペアの形で毎日身につける物なので婚約指輪のようなダイヤモンドの入った豪華なものではなく、シンプルなものとなっています。